東日本大震災・岩手県内陸

生活・ブログ運営
スポンサーリンク

3月11日 14時46分

岩手県南の内陸に住んでいます。
宮城県や気仙沼に行きやすい所です。

テレビでは、沿岸の方ばかりクローズアップされますが、内陸のことでも読んでみませんか。

居間でテレビを見ていた・・・が、急に地鳴りがしてものすごい揺れの地震がきた。
直後に、即停電。
どうせすぐに、停電から復旧するよ。と思ってたけど復旧しない。
揺れも頻繁にある。収まらない。

隣の家のおばちゃんも外に出てきて、「何でずっと揺れてるんだ」と言ってた。

その日は、余震がある中で不安の一夜だった。
仏壇にあったろうそくが頼り。
明日には停電から復旧するよ、と思ってた。

3月12日

まだ停電は復旧しない。
どうやら、盛岡の方から順番に復旧との情報。
この時点では、沿岸が大変なことになっているとは知らず。
停電していたので、情報があまり入らなかった。

震災が来た時点で携帯を充電しておらず、役場に携帯の充電に行った。
充電していなかったことを悔やんだ。

役場に行くまでも、停電で信号は付かないし大変・・・

携帯はなかなか繋がらず、一瞬だけ繋がった時に実家や友達からの安否確認メールを見るだけ。
一瞬だけ繋がるのが一日に数回。
原因は、携帯の基地局が倒壊していたらしいね。

ちなみに、たまたま3月10日にガソリンを満タンにしてたから助かった。
ガソリンスタンドに並ぶ行列を見ましたが、緊急車両優先(当たり前だよね)で、並んでも整理券がないとかでダメだったり…

一日に何回も、気仙沼方面に向かう自衛隊車両を見た。

震災時点で長男が生後6ヵ月だったので、粉ミルク等の問題があった。
粉ミルクを買いに行ったドラッグストアは、中が雪崩のようになっていて、人数制限で20人ずつしか入れなかったけど、しょうがない。
粉ミルクは、1歳~用のしかなかったけど、ないよりマシだと思って、その粉ミルク購入。
そのドラッグストアに、後日パートで入るのはまた別の話。

たまたまお風呂に水が張ってたままだったので、旦那が入ってたけど、水風呂ですが…それ…
今、3月ですけど………

3月13日

近くの公民館に行った。

新聞屋さんがガソリンなくて各家を廻れないので、公民館の玄関前の段ボールに新聞がまとめられていた。
・・・が、段ボールには新聞屋さんへの暴言がいっぱい書いてあった。
みんなこういう時なんだから、暴言とか辞めようよー
新聞屋さんのガソリン事情も分かってあげよう・・・

旦那はスーパーに行って、食材を安くゲット。
冷蔵・冷凍が全部使えないので、中の物を全部出して青空市になっていたらしい。

3月14日18時頃

停電から復旧!
3日で復旧したのは、まだいい方かな。
気仙沼に近い親戚の家は、一週間停電していたらしい。

復旧してテレビが付いた時、沿岸の惨状を目の当たりにして目を疑った。
全然情報が入ってこなかったから、分からなかった。

実は、本震の2日前に気仙沼のジャスコ(現イオン)にいました。
前震というやつの時です。
12時ちょっと前だったかな。
あの時、本震だったら私は今ここにいませんね。

そういえば、震災の一時間くらい前に洗濯物を取り込んでいた時、晴れていたのに急に雪が降ってきたな。
その後に地震で、天変地異が起こったかと思った。

震災1ヶ月後に、気仙沼に行った話もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました